So-net無料ブログ作成

若葉のころの思い出 [思い出]

はじめまして。


ヤマトです。


ドラマ若葉のころは、私がちょうど中学にやっていたドラマでした。


当時から好きなドラマだったのですが、大人になってから思い出してみると、まるで自分の記憶の一部のように思い出せます(笑)


中学時代や高校時代を思い出すときに、頭の中に自然とビー・ジーズの「若葉のころ」が流れます。


きっと私にとって、特別な思い出のあるドラマなのだと思います。


ちなみに、管理人のアキヤマが、キンキキッズのファンだったり、特別好きな芸能人が出演しているとか、そういったことはありません。


純粋にこのドラマが好きなのです。


若葉のころの思い出.jpg


堂本剛さん演じる相沢武司。


意志が強く、人をなかなか信頼せず、でも一度心を許すと絶対の味方になるような性格も共感出来ますし。


堂本剛さんは、十代とは思えない演技力で、細かい演技が素晴らしいの一言。


一方で、堂本光一さん演じる藤木甲斐のナイーブで傷つきやすく、思い込んだら一直線(笑)の純なところも共感出来ます。


また、当時の私は甲斐の年上女性に惹かれてしまう感覚もよく理解出来ました^^



堂本光一さんの演技には賛否両論あるようですが、私は素敵な演技だったと思っています。



影のある甲斐という役を、ミステリアスな魅力と共に演じています。



この役は光一さん以外は考えられないように思います。



奥菜恵さん演じる蒔田泉。



泉という役も良い役でしたね。


幼なじみの武司は、成長するにしたがって兄妹のような感覚になってしまい、一人の男性としては甲斐に惹かれる。



奥菜さんもまた演技が上手い。



あの時まだ高校生ですよ。



甲斐に片思いしている雰囲気はもう、言葉は要らないですね。



表情やしぐさだけでも、好意が伝わってきますから^^



私はこのDVDが大好きです^^



と、記念すべきブログ初投稿は取り留めのない内容となりましたが、これからちょこちょこ更新していきますのでよろしくです♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。